リハプライム株式会社 求人専用サイト

理学療法士の平均年収はいくらいくらい?

理学療法士の平均年収についてご紹介します。また、年齢別や医療職種別の年収など、様々な観点から理学療法士の年収を解説します。

データで見る理学療法士の平均年収

理学療法士の平均年収は、約405万円という調査結果があります。賞与については、勤務する施設の給与待遇により支給の有無が異なります。※厚生労働省「賃金構造基本統計調査(e-Stat)」より

厚生労働省は「民間給与実態統計調査(e-Stat)」のなかで、理学療法士の収入について以下のように紹介しています。

  • 平均年収は約405万円
  • 男性の平均年収は412万4600円
  • 女性の平均年収は396万6700円
  • 月給は手当含めて平均約28万円
  • 退職金は勤続年数1年に対して平均8万7000円
  • 生涯年収については1億5千万円~1億8千万円

※厚生労働省「賃金構造基本統計調査(e-Stat)」より

男女別の平均年収を見てみると、男性が約412万円、女性がそれよりやや低い約397万円となっています。
理学療法士の生涯年収では、22歳から59歳までを生涯年収とすると、男性では約1億7758万円、女性では1億6778万円となっています。また賞与については、勤務する施設の給与待遇により支給の有無が異なります。

令和2年9月に発表された国税庁の民間給与実態調査によると、日本人の平均年収は436万円とされています。理学療法士の平均年収が社会全体の平均年収に比べて低めなのは、理学療法士は平均年齢が若く、勤続年数が浅いことも原因のひとつでしょう。また、男女によって働く人の数に大きな違いはなく、2018年時点の統計によると男性と女性の比率はおよそ6:4となっています。

理学療法士の月額での手取り額は、勤務先、年齢、勤続年数などによって変わってきますが、男性だと約20~27万円、女性だと約16~19万円です。理学療法士は男女ともに20代、30代が全体の約8割を占めているため、手取り額についても全体平均が安くなりがちです。しかし、同じ年代という視点でみると、特別手取り額が少ないというわけでもありません。パート、アルバイトの場合でも時給1,500円~2,500円と高時給な求人が目立ちます。施設数の多さに加え、求人数も多いのが特徴です。

年収1000万以上を目指すには?

理学療法士の仕事だけで年収1000万円以上を得ることは現実的には難しいですが、治療院や整体院を開業をし、理学療法士のスキルを生かしつつ経営者として仕事をするのであれば、可能かもしれません。

理学療法士の資格は「医師の指示の下に、理学療法を行うことを業とする者 」と定義され、開業権はありません。しかし理学療法としてではなく、整体やコンディショニングとしてサービスを提供すれば開業することができます。この方法で開業している理学療法士は年々増加傾向にあります。診療報酬が今後どんどん厳しくなることがわかっているため、独立して収入を得ようと考えるPTが増えています。経営が波に乗れば年収1000万円を超えることも夢ではありません。もちろん、売り上げが上がるだけでなく、会社が倒産するリスクも視野にいれておかないといけません。治療院として開業しても2~3年ほどで潰れるケースが多いため、治療者としての知識や技術はもちろんのこと、経営や各種マネージメントスキル、社員を雇う雇用側として様々なことを学ぶ必要があります。

年収1000万円稼ぐ方法

年収700万・800万・900万を目指すには?

医療関連企業(一般企業)の働き方としては出版社での医療書籍の執筆や編集、医療機器メーカーで福祉関連機器の販売や製造業務、工業株式会社でヒューマン・ケア事業やロボット事業の推進、自動車メーカーで製造工場で勤務する社員への腰痛予防、医療や介護に関わる記事の執筆や取材等など、理学療法士の経験を活かし、様々な働き方をしているPTがいます。医療関連企業は、医療分野の知識だけではなく工学やIT、語学力などの別途知識が必要となるため、年収がやや高めに設定されていることが多いとされ年収800万ぐらいの求人もあります。

年収700~900万を目指すには

年収600万を目指すには?

理学療法士が収入アップとして目指すひとつの目安とされているのがが「年収600万」だと思います。デイサービスであれば、本部で経営に携わるポジションであれば十分可能な数字です。また、下記に年収600万以上が可能な分野についてご紹介します。

病院や整形外科クリニック

病院や整形外科クリニックでは安定した福利厚生があるものの、年収のベースはそれほど高くなく、300~400万円前後の水準です。しかし、大規模病院などの管理職候補では500~700万円ほどの求人がでることもあり、年収600万以上を目指すことが可能です。病院で年収の水準が高い求人は稀であり、珍しいケースといえます。また整形外科クリニックでも、理学療法士に高いリハビリ能力を求める求人などでは年収が600万を超えることがあります。

訪問リハビリ

訪問リハビリは理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、言語聴覚士(ST)がセラピストとして在宅に訪問します。給与体制の中に一定件数以上の訪問件数を超えると手当がつくインセンティブ制度というものがあります。何件以上でインセンティブ手当がつくかは職場次第ですが、たとえば当社リハプライム のコンパス訪問看護では1ヶ月65件以上訪問した場合、66件目から手当がつきます。そのため訪問を頑張れば頑張るほど、給与に反映され、件数に応じた報酬を受け取ることができます。その結果、年収600万以上も可能です。訪問リハビリは収入が高い反面、病棟にあるような医療設備がないためリスク管理も兼任しながらのリハビリ業務とのなることも頭に入れておく必要があります。

年収600万円を稼ぐ働き方

年収500万を目指すには?

理学療法士の平均年収は405万円。なので、年収500万円は決して難しい数字ではありません。デイサービスであれば、エリアマネージャーや本部マネージャーとして働くことで、500万円以上の収入が現実的になってきます。

年収500万円稼ぐには

理学療法士の最高年収はどのくらい?

年収900万円くらいが、病院・施設・企業などに所属して出せる理学療法士の最高年収と言えるでしょう。月給に換算すれば、70〜80万円程度でしょうか。それ以上を目指すのであれば、経営者として働かないと難しいです。

理学療法士の最高年収

理学療法士の初任給と年齢別の年収を解説!

理学療法士の初任給と年齢別の年収、そのほか様々な年収についてご紹介します。

初任給、初年度の年収

気になる理学療法士の初任給ですが、専門学校もしくは大学を卒業後、新卒採用で就職した場合の初任給は20~25万円前後、年収280~320万円程度であることが多い傾向にあります。入社時の時点では、理学療法士としての働く経験や臨床能力に差がないため、病院・デイサービス・訪問看護、クリニックなどの業態での給料の違いとなっています。

理学療法士の初任給

年齢別で見る年収の推移(20代、30代、40代、50代)

20代の年収

平均年収 354万円
男性 358万円
女性 350万円

理学療法士の20代の年収は?

30代の年収

平均年収 418万円
男性 430万円
女性 407万円

理学療法士の30代の年収は?

40代の年収

平均年収 480万円
男性 490万円
女性 471万円

理学療法士の40代の年収は?

50代の年収

平均年収 537万円
男性 561万円
女性 471万円

理学療法士の50代の年収は?

年齢が上がるにつれて徐々に年収は昇給していき、50代前半で最高年収となります。ただし、企業規模(職員数100以下から1,000人以上の企業も含む)の幅が広い統計データのため、あくまでも数字上での比較です。基本給以外では、手当ての名目で上乗せや調整を行なっているので、あくまでも資料内容は参考程度です。

理学療法士の様々な年収について

理学療法士が独立開業した場合の年収

高収入を目指したい理学療法士が一度は考える独立開業。なぜ、独立開業を考えるのか!開業権や独立開業する前に考えてほしい注意点、独立後の給料・年収や開業のメリット・デメリット、などを調べてみました。

理学療法士が独立開業した場合の年収

女性の理学療法士の年収

女性が働きやすく結婚後も共働き夫婦が多い理学療法士。初任給や施設別、雇用形態別の平均年収や働くママさんPTが多い老人保健施設・小児施設・訪問リハビリパートを選ぶ理由そして、結婚・妊娠・出産・育児・子育て、介護というライフステージでの働き方など、女性理学療法士に特化した情報をまとめました。

女性の理学療法士年収

管理職の理学療法士の年収

理学療法士が年収を上げる一つの方法としての管理職について。まずは、ベースとなる理学療法士の平均年収・月給・手取り・ボーナス平均支給額・生涯年収など様々な年収情報と管理職の平均年収や給料について。管理職の仕事内容や必要なスキル。そして理学療法士の需要と気になる今後10年後・20年後の理学療法士の仕事などを調べてみました。

管理職の理学療法士年収

大卒で理学療法士になった場合の年収

現状では、理学療法士が就職や転職の際に、大卒と専門学校卒など学歴の違いで年収が区別されることは少ないようです。初任給は、男女問わず20~25万円前後です。ただし大卒の場合、大学病院や厚生年金病院、労災病院、市民病院など、公立の大きな病院への就職がやや有利になるケースが増えるようです。

大卒の理学療法士年収

理学療法士の生涯年収

理学療法士の平均生涯年収は、男性では約1億7758万円、女性では1億6778万円となっています。生涯年収について詳しくは下記ページにまとめてみました。生涯年収は勤務先によって大きく異なるのか?、一般サラリーマンと比較するとどのぐらい違うのかご紹介します。また専門卒と大卒で違いがあるか、退職金はどのぐらいもらえるのか、生涯年収を増やす方法についてなど様々な情報をまとめてみました。

理学療法士の生涯年収

医療業界における年収はどのくらい?

医療業界における理学療法士の年収を知るために、医療職種別の年収についてご紹介します。厚生労働省の2017年度「賃金構造基本統計調査」によると、医療業界における理学療法士の年収は以下のようになっています。

医療職種別の年収(フルタイム)

医師 1,233万円
歯科医師 757万円
薬剤師 544万円
放射線技師 503万円
看護師 478万円
臨床検査技師 468万円
歯科技工士 407万円
准看護師 406万円
作業療法士(OT) 405万円
理学療法士(PT) 405万円
栄養士 346万円
歯科衛生士 343万円

※厚生労働省の2017年度「賃金構造基本統計調査」より

また、柔道整復師やスポーツトレーナー、言語聴覚士(ST)、義肢装具士、精神保健福祉士、助産師、鍼灸師、訪問介護員(ホームヘルパー)、診療放射線技師などの給料のデータは参考程度ではありますが、以下の通りです。

柔道整復師 300〜400万円
スポーツトレーナー 500〜600万円
言語聴覚士(ST) 450万円前後
義肢装具士 300〜400万円
精神保健福祉士 300〜500万円
助産師 450〜550万円
鍼灸師 350〜450万円
訪問介護員(ホームヘルパー) 300〜400万円
診療放射線技師 約500万円

というのが一般的な平均年収のようです。経験や勤務する職場、勤続年数、地域格差、常勤や非常勤の違いなどによっても異なります。

医療業界における年収について

社会における理学療法士の現状とは

急速に高齢化が進む日本。2025年の全人口に対する高齢者の割合は、厚生労働省の試算では75歳以上(後期高齢者)が18%を占め、65〜74歳(前期高齢者)を含めると人口の30%超を占めると見られています。今後、医療・福祉サービス従事者は、高齢者をいかに住み慣れた地域で生活させられるか、社会生活に適応させられるかが求められます。 このような状況を踏まえると、リハビリテーションの専門職である理学療法士の需要は年々増加傾向となり、老人福祉施設や介護施設からの求人も尽きることがないでしょう。

これまでの理学療法士の活躍の場といえば、整形外科を有する病院やクリニックが中心でしたが、リハビリ・施術を行う介護・福祉の現場では、まだまだ理学療法士の人手が足りなく、喉から手が出るほど求められている人材です。社会に必要とされることで、働き方の可能性も広がりますし、やりがいはさらに増してくるでしょう。

理学療法士は国家資格の医療職なので、社会的にも地位が確立されており、安定して稼げます。年々進化する高度な医療について深い知識をもち、その知識を利用しながら患者さんを健康な状態へと導く、やりがいのある職業です。ケガや病気による後遺症や障害のある方に対して、お身体の状態に応じて、基本的動作(座る、立つ、歩く)を回復できるよう運動やマッサージでリハビリをサポートします。

もちろん、国家資格であるため勉強は楽ではありませんが、合格率は決して低くありません。資格取得のための養成校もどんどん広がっています。そのため、多くの人が国家資格の取得を目指せる時代になっており、有資格者は増加の傾向となっています。現状では、就職や転職の際に大卒、専門学校卒など学歴で区別されることは少ないようです。資格さえ取れば、若くても活躍できます。

社会における理学療法士の現状とは

以下のエリアで理学療法士の求人を強化中!