リハプライム株式会社 求人専用サイト

理学療法士について

理学療法士ってどんな職業?

理学療法士とは、怪我をした人、障害を抱えている人、病気を発症した人に「理学療法(=リハビリテーション)」を通して、在宅復帰・社会復帰・仕事復帰するためのサポートを行っている医療職です。

理学療法士の職業

人気の仕事!理学療法士ってどんな仕事?

理学療法士の行う仕事は、脳卒中を発症した人や骨折した人、生まれたときから病気を抱えている人に対して、身体の筋力・関節の可動域・生活の動作レベルといった様々な検査(=理学療法検査)を行い、病気を抱えている人のかかえる問題点を発見して、解決に導く仕事です!

⇒詳しくはこちら

理学療法士の仕事

リハビリの専門家!理学療法士が担う役割とは?

理学療法士は、患者さんの「やりたいこと」「必要なこと」を実現させることに全力を注ぎ、患者さんが「その人らしく生きる」「幸せになる」ことを支援することが理学療法士の担うべき役割です。リハビリテーションの起源からわかりやすくご紹介しましょう!!

⇒詳しくはこちら

理学療法士の役割

あまり知られていない?!理学療法士の業務内容とは?

リハビリテーションの現場において、心身に障害を持つ人々が、日常生活や社会生活を再建できるように心身機能の回復を促し、身の回りのことを主体的に対処できるようにサポートしていくことにあります。理学療法士が具体的に行っていることとして、リハビリの実施以外には書類の作成、家屋調査、カンファレンス、実習の受け入れ・研修など様々な業務があります。

⇒詳しくはこちら

理学療法士の業務内容

職域が拡大中!理学療法士が活躍する現場とは?

ほとんどの理学療法士は医療機関である救急病院・クリニック(急性期病院)、リハビリテーションをメインとした回復期病院に進路を決めることが多いです。経験を積む中で、ステップアップとして在宅リハビリテーションがメインとなる訪問看護ステーション、老人保健施設・リハビリ型のデイサービス・特別養護老人ホームに就職します。大学院での研究課程に進路を考えて進むセラピストもいます。特に近年、スポーツ分野や予防分野での活躍の場が増えてきており、スポーツ選手にトレーナーやアスレティックトレーナーとして同行し海外遠征や日本選手権などに帯同・従事する理学療法士もいます。

⇒詳しくはこちら

理学療法士の活躍する現場

気になる理学療法士の1日に密着!

理学療法士の1日の流れは勤務先である医療機関なのか、介護施設なのか、訪問リハビリなのかで異なります。病院であれば1日の流れの中にカンファレンスがあったり、訪問業務であれば移動時間が業務中に発生したりと勤務先による特色があります。

⇒詳しくはこちら

理学療法士の1日

理学療法士が語る!理学療法士の年収とは?

  • 平均年収は405万円ほど
  • 男性の平均年収は412万4600円
  • 女性の平均年収は396万6700円
  • 月収は手当含めて28万円ほど
  • 年間のボーナスは64万円ほど
  • 退職金は勤続1年に対して平均8万7,000円ほど
  • 生涯年収については1億5千万円~1億8千万円ほど
  • ※厚生労働省調べ

⇒詳しくはこちら

理学療法士の年収

リハビリのプロ!理学療法士になるには!?

理学療法士の資格取得するまでに4つのプロセスが必要です!

  1. 養成校を受験する(高校卒業以上)
  2. 入学
  3. 養成校のカリキュラムである講義、実技、実習を学ぶ
  4. 国家試験を受験して無事合格する!!

『理学療法士』として社会へ

⇒詳しくはこちら

理学療法士になるには

国家資格!理学療法士の資格ってどんな資格?

理学療法士の資格は国が法律で定めた国家資格で、大学や専門学校などの養成学校に3年以上通い、国家試験に合格することで取得できます。国家資格は資格の中でも最も信頼度の高い資格です。

⇒詳しくはこちら

理学療法士は国家資格

理学療法士に向いている○○な人とは?

理学療法士に必要な人柄や知識、能力についてご紹介します!理学療法士に向いている○○な人は・・・・

⇒詳しくはこちら

理学療法士に向いている人

意外と多い!理学療法士養成校とは?

理学療法士の養成校について、種類、比較、選び方、カリキュラムをご紹介します。

  • 学べる学校数・・・264校
  • 大学・・・111校
  • 短期大学・・・6校
  • 専門学校(4年制)・・・63校
  • 専門学校(3年制)・・・84校
⇒詳しくはこちら

理学療法士の学校

国家試験合格への道!理学療法士の試験について

理学療法士の国家試験は毎年、2月下旬に行われて、3月下旬に結果が発表されます。国家試験合格するまでのリアルを現役理学療法士がご紹介します!

⇒詳しくはこちら

理学療法士の試験

キャリアアップに必要な一人前の理学療法士の素質とは?

理学療法士として、キャリアアップ・昇進に必要な一人前の理学療法士の素質についてご紹介します。

【キャリアアップ・昇進に必要な力】

  1. 問題解決能力
  2. 意思決定能力
  3. マネージメント能力
  4. コーチング能力
⇒詳しくはこちら

理学療法士のキャリアアップ

転職しながらキャリアアップ?理学療法士の転職事情とは?

理学療法士はおおよそ3年ごとで転職をしながら、キャリアアップを図る方が多いのが事実です。なぜなら、初めて働く場所として人気の病院は、20人、30人の理学療法士や作業療法士が常駐していますので、先輩社員の方々が昇進・転職しないとなかなか自分の番までまわってこない。また、いつまわってくるかも予測もできないため、職場を変えて収入アップを目指す方が多いのです。

⇒詳しくはこちら

理学療法士の転職

理学療法士が独立して陥る3つの落とし穴とは?

  1. 開業権がない?!
  2. 技術だけの独立は、借金と廃業が末路?!
  3. 明確なビジョンがない?!
⇒詳しくはこちら

理学療法士の転職

リハプライムが提唱する理学療法士の3つのキャリアプラン

  1. デイサービスや訪問看護の理学療法士のマネージャー!!管理者としてキャリアアップできる!!
  2. 本部に所属!!全国を飛び回るマネージャーとしてキャリアアップできる!!
  3. 業界初!!社員独立制度!デイサービスFCをキャリアアップとして利用できる!!
⇒詳しくはこちら

理学療法士のキャリアプラン

知ってる?海外発祥!理学療法とは?!

  • 理学療法が誕生したきっかけは・・・戦争?!
  • 戦後入ってきた理学療法の合格率はたったの15%?!
  • 理学療法は大きく2つに大別され、運動療法と物理療法に分かれます。
⇒詳しくはこちら

理学療法士のキャリアプラン

世界各国の理学療法の定義とその実態とは?

  • イギリスの理学療法とは?
  • アメリカの理学療法とは?
  • 日本の理学療法とは?
⇒詳しくはこちら

理学療法士の定義