リハプライム株式会社 求人専用サイト

理学療法士の年齢別の年収を解説!

理学療法士の初任給と年齢別の年収、そのほか様々な年収についてご紹介します。

初任給、初年度の年収

気になる理学療法士の初任給ですが、専門学校もしくは大学を卒業後、新卒採用で就職した場合の初任給は20~25万円前後、年収280~320万円程度であることが多い傾向にあります。入社時の時点では、理学療法士としての働く経験や臨床能力に差がないため、病院・デイサービス・訪問看護、クリニックなどの業態での給料の違いとなっています。

理学療法士の初任給について下記ページに詳しくご紹介します。平均初任給や具体的な手取り額、一般的なサラリーマンとの比較や、年代別の平均年収、また年収アップの方法や他の医療職との違いなど様々な情報をまとめました。

理学療法士の初任給はいくらくらい?

年齢別で見る年収の推移(20代、30代、40代、50代)

30歳ほどの男性の理学療法士(PT)が利用者様への施術をしている写真

20代の年収

20代理学療法士の年収について下記ページにまとめました。理学療法士の給料の相場について、それから20代の理学療法士、一般サラリーマンとの比較、さらに業種別の年収についてご紹介します。また気になる初任給の平均額や手取り額、ボーナスの平均額、昇給額について、その他たくさんの情報をまとめました。

平均年収 354万円
男性 358万円
女性 350万円

理学療法士の20代の年収

30代の年収

30代理学療法士の年収について下記ページにまとめました。30代の理学療法士の他、比較ができるように30代一般サラリーマンや他業種の年収もご紹介します。また気になるボーナス額や昇給事情、年収アップの方法やキャリアアップ制度や独立開業制度を設けている当社コンパスの一例など様々な情報をまとめてみました。

平均年収 418万円
男性 430万円
女性 407万円

理学療法士の30代の年収

40代の年収

40代理学療法士の年収についてまとめました。まず理学療法士の平均年収について、それから40代の理学療法士、一般サラリーマンとの比較、さらに業種別の年収についてご紹介します。その他、年齢別、エリア別、施設別の年収情報や、平均的なボーナス額から生涯年収まで様々な情報をまとめました。

平均年収 480万円
男性 490万円
女性 471万円

理学療法士の40代の年収

50代の年収

50代理学療法士の年収についてまとめました。50代の理学療法士の年収と、一般サラリーマンとの比較、さらに業種別の年収についてご紹介します。50代でもらえる平均的なボーナス額やこの後訪れる気になる定年の情報、50代~60代でも活躍できる求人を掲載した転職サイトまで様々な情報をまとめました。

平均年収 537万円
男性 561万円
女性 471万円

理学療法士の50代の年収

年齢が上がるにつれて徐々に年収は昇給していき、50代前半で最高年収となります。ただし、企業規模(職員数100以下から1,000人以上の企業も含む)の幅が広い統計データのため、あくまでも数字上での比較です。基本給以外では、手当ての名目で上乗せや調整を行なっているので、あくまでも資料内容は参考程度です。

理学療法士が独立開業した場合の年収

高収入を目指したい理学療法士が一度は考える独立開業。なぜ、独立開業を考えるのか!開業権や独立開業する前に考えてほしい注意点、独立後の給料・年収や開業のメリット・デメリットなどまとめてみました。

理学療法士が独立開業すると年収はいくらくらい?

女性の理学療法士の年収

女性が働きやすく結婚後も共働き夫婦が多い理学療法士。初任給や施設別、雇用形態別の平均年収や働くママさんPTが多い老人保健施設・小児施設・訪問リハビリパートを選ぶ理由そして、結婚・妊娠・出産・育児・子育て、介護というライフステージでの働き方など、女性理学療法士に特化した情報をまとめました。是非、参考にしてみてください。

女性の理学療法士年収

管理職の理学療法士の年収

同じ理学療法士でも、管理職になれば500〜600万円以上の年収になることも可能です。

大卒で理学療法士になった場合の年収

現状では、理学療法士が就職や転職の際に、大卒と専門学校卒など学歴の違いで年収が区別されることは少ないようです。初任給は、20~25万円前後です。ただし大卒の場合、大学病院や厚生年金病院、労災病院、市民病院など、公立の大きな病院への就職がやや有利になるケースが増えるようです。

理学療法士の生涯年収

理学療法士の生涯年収について下記ページにまとめてみました。生涯年収は勤務先によって大きく異なるのか?、一般サラリーマンと比較するとどのぐらい違うのかご紹介します。また専門卒と大卒で違いがあるか、退職金はどのぐらいもらえるのか、生涯年収を増やす方法についてなど様々な情報をまとめてみました

理学療法士の生涯年収

理学療法士が給料を上げる方法

理学療法士として給料や年収をアップさせる方法について、目指したい年収別に紹介します。

年収1000万以上を目指すには?

理学療法士の仕事だけで年収1000万円以上を得ることは現実的には難しいですが、治療院や整体院を開業をし、理学療法士のスキルを生かしつつ経営者として仕事をするのであれば、可能かもしれません。理学療法士の資格は「医師の指示の下に、理学療法を行うことを業とする者 」と定義され、開業権はありません。しかし理学療法としてではなく、整体やコンディショニングとしてサービスを提供すれば開業することができます。この方法で開業している理学療法士は年々増加傾向にあります。診療報酬が今後どんどん厳しくなることがわかっているため、独立して収入を得ようと考えるPTが増えています。経営が波に乗れば年収1000万円を超えることも夢ではありません。

年収1000万円稼ぐ方法

年収700万・800万・900万を目指すには?

医療関連企業(一般企業)の働き方としては出版社での医療書籍の執筆や編集、医療機器メーカーで福祉関連機器の販売や製造業務、工業株式会社でヒューマン・ケア事業やロボット事業の推進、自動車メーカーで製造工場で勤務する社員への腰痛予防、医療や介護に関わる記事の執筆や取材等など、理学療法士の経験を活かし、様々な働き方をしているPTがいます。医療関連企業は、医療分野の知識だけではなく工学やIT、語学力などの別途知識が必要となるため、年収がやや高めに設定されていることが多いとされ年収800万ぐらいの求人もあります。

年収700~900万を目指すには

年収600万を目指すには?

理学療法士が現実的に収入アップとして目指す一つの目安とされているのが年収600万だと思います。訪問リハビリのインセンティブ制度や教員、一般企業、デイサービスであれば、本部で経営に携わるポジションであれば十分可能な数字です。年収600万以上が可能な分野や働き方についてご紹介します。

年収600万円を目指すには?

年収500万を目指すには?

理学療法士の平均年収は405万円です。なので、年収500万円は決して難しい数字ではありません。理学療法士が年収500万円を稼ぐ方法として、病院や訪問リハビリ、クリニック、介護施設でどうしたら稼げるのかご紹介します。好条件の転職先に出会うことで500万円以上の収入は現実的になってきます。

年収500万円目指すには?

以下のエリアで理学療法士の求人を強化中!