リハプライム株式会社 求人専用サイト

30代理学療法士が後悔しない転職をするために知っておくべきポイント

このページでは30代理学療法士が転職する時に知っておきたいポイントについてまとめました。求める条件や求められる能力、平均年収、転職で年収アップするする方法について。また30代未経験から理学療法士に就職できるかについてや、転職の成功事例(未経験者、中途者)についても紹介しますので、転職を検討中の方は是非参考にしてください。

理学療法士が30代で転職するときに求める条件

30代になると、結婚や出産によるライフスタイルの変化により子育てと仕事の両立について考える世代だと思います。両立ができる職場環境なのかどうか、または家族を養うための収入面が確保できるかも同じく重要になってきます。これらの理由が転職として多く、条件面をシビアに見ながらも、理学療法士としても成長が見込めるところを探す方が多いと思います。

家族を養う収入面

30代になり、家族ができる人も多いでしょう。家族がいる方は、子供をしっかり育てて養う責任がでてきます。そのため、20代のころよりもシビアに収入面を考えるようになります。今の職場よりも収入が高いか、昇給の制度はあるか、退職金はあるなど、とても重要な条件として考えます。

PTとしてやりがいを感じ、成長が見込める環境

20代のときから培ってきた経験を活かして働けるか、また自分のやりたいと思ったビジョンとマッチしている環境かを考えます。

安定したお休みがある環境

家族が増えてくる時期なため、土日にしっかり家族との時間をとりたいと考える方も多いです。また残業についても定時で上がり家事・育児の時間をとりやすい環境を重視する方も多いと思います。

理学療法士が30代で転職するときに求められる能力

30代の理学療法士が転職の際に雇用側に求められる能力を大きく2つご紹介します。

即戦力

30代になると経験年数はもう中堅の域を超え、ベテランの領域になってきます。そのため雇用側は即戦力として期待するでしょう。リハビリの戦力としての活躍や、若手理学療法士の教育なども視野に入ると思います。

管理能力

中堅~ベテラン領域の30代理学療法士では、リハビリの戦力以外に管理能力も求められます。チーム単位のリーダー業務や、主任クラスの管理業務経験があると雇用側のポイントは高いと思います。

30代理学療法士の平均年収について

30代の理学療法士の平均年収、男女別の年収についてご紹介します。

平均年収 418万円
男性 430万円
女性 407万円

理学療法士の30代の年収について

30代から年収アップをするには?

昇給や年収アップの方法(キャリア、転職)についてまとめました。同じ職場で昇進を目指す方法から、転職して年収アップを目指すには方法、理学療法士が目指せる気になる最高年収についてもご紹介しますので是非参考にしてください。

理学療法士が年収アップ(昇給)について

30歳から資格取得し、理学療法士として就職できる?

新しい業界にチャレンジしたい・憧れていた医療・福祉の現場で働きたい・国家資格を取得して手に職をつけたいという方は年齢問わず多くいらっしゃいます。30歳から理学療法士を目指して、実際に働いている方はたくさんいますし、全く問題ありません。「働きながら学ぶと勉強についていけなくなるのでは」という不安がある方も多いと思いますが、学生の時とは異なり、目的意識も明確な為、学びに対して積極的になれると思います。

理学療法士の転職先の特徴と選び方

理学療法士の転職先の特徴についてまとめてみました。転職先を選ぶ時の注意点や、失敗してしまうケース、転職先の特徴(病院、クリニック、介護施設、訪問、教員など)について。また実際の転職の事例、キャリアアップするためのポイントについてご紹介しますので、是非参考にしてください。

理学療法士の転職先の特徴と選び方について

30代の転職成功事例

中途の成功事例

【事例1.クリニックから訪問リハビリへ】

クリニックでは整形分野を中心にリハビリ。通院してくる患者様は痛みをもっていることが多く治療するとよくなるが、すぐ戻ってしまう。自宅内での生活習慣や環境も含めて考えないとよくならない、もっと在宅分野を学んでみたいと思い転職を決意。クリニックでは主任業務を行っていたが、訪問では平社員にもどり、じっくり患者さんと向き合える時間をとれ望む環境になった。(理学療法士14年目での転職)

【事例2.訪問リハビリから学校教員へ】

20代のときから学校の教員を目指し、やるなら母校で働きたいと思っていた。なかなかタイミングが合わず、訪問リハビリの業務を行っていたが、30代にして母校の教員枠に空きがでたため、転職を決意。ずっとなれたかったところへ転職でき、やりがいのある環境となった。(理学療法士11年目での転職)

未経験からの成功事例

【事例1.エンジニアとして働いていた28歳男性が32歳で病院勤務の理学療法士に】

エンジニアで昼夜問わず働いていた環境に疲れ、以前から興味のあった医療・福祉業界にチャレンジを決意。焦りもあったが、学校は4年制でじっくり学べる環境を選択。晴れて理学療法士になり病院へ入職。

【事例2.介護士として働いていた34歳男性が37歳で病院勤務の理学療法士に】

介護士として老健で働いていたが、リハビリ分野に興味をもち、思い切って挑戦。年齢的な焦りもあり早く就職ができるよう3年制の専門学校(夜間)を選択。37歳にして晴れて病院勤務の理学療法士となる。