リハプライム株式会社 求人専用サイト

クリニックで働く理学療法士の年収は?

クリニック  350〜500万円

クリニックで働く理学療法士の給料・年収について

クリニックは整形外科が主体のクリニックが多いですが、他にもスポーツクリニックの分野での理学療法士の活躍や、最近では内科系(腎リハ)のクリニックでも理学療法士が勤務することが増えています。そのため整形外科、スポーツ、内科系のクリニックで給料が異なるのかまとめてみました。

整形外科クリニックの理学療法士給料の特徴(自社調べ)

整形外科クリニックは病院などに比較し月収が高い傾向にあり、年収500万を超える勤務先も数多くあります。ただ月収に幅をもたせているところが多く、臨床経験や治療技術によって給料に差がでる、いわゆる実力主義な文化があります。

整形外科クリニックの年収 300~500万円前後
賞与 賞与:年2~2.5回(実績に応じて)
退職金 ないところも多い

整形外科のクリニックはスキルアップできる環境が充実している

整形外科のクリニックは患者さんの治療スキルを第一に考えています。そのため勉強会、研修会や学会などの参加に積極的なところが多く、学びの環境が充実してるところが多いです。下記に特徴をまとめてみました。

  • クリニックによって専門的に扱っている手技(AKAや筋膜リリース、PNFなど)を取り入れているところあり
  • 研修費の支援制度あり
  • 給料に幅があるが、高額な条件を設定しているところが多い
  • 通勤手当や住宅手当、時間外手当など支給額が多い
  • 週休2日(日曜+他1日、祝日休み)が多め
  • 9:00~18:30など勤務時間が比較的長めなところが多い

スポーツクリニックの理学療法士給料の特徴(自社調べ)

スポーツクリニックは整形疾患の中でも特にスポーツ傷害に特化した診断・治療を行う領域を指し、専門性の高い分野です。そのため給料も経験や治療技術に応じて変動します。最近はスポーツ医学の重要性が高くなり、スポーツ傷害の専門家、いわゆるスポーツドクターの増加に比例して、『スポーツ整形』を看板に掲げるクリニックが急増し、理学療法士の需要が高くなっています。

スポーツクリニックの給料 300~700万円前後
賞与 賞与:年2回(実績に応じて)
退職金 ないところも多い

スポーツクリニックは福利厚生が充実し、学びも働きやすさも兼ね備えた環境

スポーツクリニックはプロのアスリート選手が直接クリニックに外来診療するものと、スポーツスタジアムの敷地内にクリニックを開設してあるようなスタジアム診療所などもあります。求められるスキルも高いですが、採用されたスタッフへの福利厚生は充実し、資格取得のサポートや研修費の支援があったり、またはスポーツジムが使い放題などの嬉しい特典もあります。下記に特徴をまとめてみました。

  • スポーツトップチームのリハビリ研修参加できる
  • アスレティックトレーナー等の資格取得奨学金制度あり
  • 研修費全額支給あり
  • スポーツ観戦チケットの支給あり
  • スポーツジム利用可能あり
  • 給料に幅があり経験に応じて給料が高く設定できる体制
  • 通勤手当や住宅手当、時間外手当など支給額が多い
  • 週休2日(日曜+他1日、祝日休み)が多め
  • 9:00~19:00など勤務時間が長め

内科系クリニックの理学療法士年収の特徴(自社調べ)

内科系クリニックの年収 280万~450万円前後
賞与 賞与:年2回(実績に応じて)
退職金 ありが多い

内科系クリニックは月収、年収自体は整形外科クリニックよりは低いですが、保障がしっかりしているところが多いです。腎臓リハビリテーションや心臓リハビリテーションなどの特殊な知識が必要なところもあり、リスク管理が必要な場面も多いです。

内科系クリニックの福利厚生は病院のようにしっかりしている

内科系のクリニックは、整形外科クリニックよりは給与的には低いところが多いですが、保障は病院のようにしっかりしているところが多いです。

  • 賞与、退職金制度を設けているところが多い
  • 通勤手当や住宅手当、時間外手当など支給額が多い
  • 祝日も休みが多い

【実例紹介】クリニック勤務のリアルな理学療法士の年収

とある理学療法士Aさん経験6年目(男性) 整形外科クリニックの年収

月収 月収420,000円
賞与・昇給 賞与:なし
昇給:10,000円/年
年収 月収420,000×12=5,040,000円

Aさんの年収はクリニックの年収の中でもやや高めの金額でしたが、勤務先の特徴も合わせて教えてもらいました。

  • 年間休日は112日で週休二日程度のお休み
  • 昇給は10000円/年
  • 実習生も受けてやや忙しい環境
  • 勤務時間が8:30~17:30だが、患者さんの込み具合によっては20時まで外来リハを行うこともしばしば

Aさんのいた整形外科クリニックはクリニックの中でも年収が高い職場でしたが、職場環境は忙しく、疲労もあるようです。特に患者さんが込み合う曜日などは帰りが9時ぐらいにあることもあり、ガツガツ、患者さんをみて働きたい方向けの職場とのことでした。

とある理学療法士Bさん経験14年目(女性) 腎クリニックの年収

月収 280,000円
賞与 3ヶ月分 840,000円
年収 月収280,000×12=3,360,000円
賞与:3ヶ月分 840,000円
3,360,000+840,000=4,200,000
年収 4,200,000円

Bさんの年収は内科系クリニックの中でも年収が比較的高めでした。勤務先の特徴も合わせて教えてもらいました。

  • 年間休日は114日で夏季休暇、年末年始休暇あり
  • 子育て時のブランクがあったが、フォロー体制があり働きやすさがあった
  • シフト制で希望の休みがとりやすい

Bさんは整形外科クリニックの経験が長かったのですが、子育て時のブランクがあり、ブランクにも対応してくれるクリニックを勤務先として選択しました。また腎リハという特殊な分野にも興味があり新しい分野に飛び込みたくなったとのことでした。

クリニック勤務の理学療法士の初任給

クリニックでの理学療法士の初任給ですが、所定の専門学校もしくは大学を卒業後、新卒採用で就職した場合の初任給は23~25万円前後であることが多い傾向にあります。

クリニックはとにかく実力主義の世界です。臨床経験1年目でもAKAの認定実技試験に合格した方は能力手当で5万円プラスになったという事例がありました。クリニックならではかもしれませんが、徹底した技術の鍛錬により新卒でも初任給に差がでることがあるようです。

クリニック勤務で給料をアップさせるには?

クリニックの昇給率は病院などと同じ水準程度と思われ、その中で給料をアップさせるには、管理職を目指すのも一つの方法です。またクリニックはスキルを身に着けることで昇給をさせる体制を設けているところもあります。事例としましては何かの専門的な手技(AKA、SJF、PNFなど)をクリニックで取り入れ、その手技の筆記試験、認定試験などのコースをクリアしていくことにより昇給を設けているところがありました。そういったステップを踏める職場を勤務先として検討するのも一つです。

終わりに

クリニックは、病院や訪問などとは異なる環境で、患者さんを短時間で治療しなければならなかったり、スポーツ分野ですと結果を重視されたりと、違った大変さはあると思いますが、ご自身の実力に見合った給料を反映してくれる職場なため、スキルアップややりがいを強く感じやすい職場ではないでしょうか。クリニックでの勤務を検討している際には是非参考にしてください。