リハプライム株式会社 求人専用サイト

理学療法士で年収500万円稼ぐためには?

理学療法士の平均年収は405万円。なので、年収500万円は決して難しい数字ではありません。デイサービスであれば、エリアマネージャーや本部マネージャーとして働くことで、500万円以上の収入が現実的になってきます。

理学療法士(PT)の平均年収

 理学療法士の平均年収は405万円。だけど理学療法士がひとつの目標として考える年収は500万円。その差100万円、ざっと12か月で割るとひと月約8万3千円収入を増やせばいいのです。

 え? 8万3千円は難しい? 本当にそうでしょうか?

 確かに現状を見て「ため息」ついていては8万どころか2万円でも難しいのではないでしょうか。なんでもそうですが、努力なくして手に入りません。その努力とは何かわかりますか?それは、「調査すること」調べる事です。ネットで検索したり転職サイトを閲覧したり、同期や元同僚などにそれぞれの現況など聞いてみたりと当たり前ですが、まずは幅広く情報を得る事です。勤務地もこれまでより広域にしてもいいですね。それに近年、理学療法士が活躍する場も増えてきています。あなたがまだ知らない情報もあるかもしれませんよ。どうですか?年収年収500万円は決して難しい数字ではないと思いませんか?。

【年収500万の手取り額】

  • 年収 500万円
  • 所得税 14万円
  • 住民税 25万円
  • 社会保険料 72万円
  • 控除額計
  • 手取り額 389万円
  • 毎月の手取り額 約32.4万円

 では、理学療法士の年収500万が可能な分野について少し調べてみましょう。

※参考:厚生労働省「賃金構造基本統計調査(e-Stat)」より

理学療法士の年収500万が可能な分野について

 まずは、年収500万が可能な分野について訪問リハビリ、クリニック、病院、介護施設(老健)でどのようにしたら可能なのかを調べてみました。

訪問リハビリステーション

 そう、ご存じの通りインセンティブで稼げる訪問リハビリが一番簡単に年収500万稼ぐことができます。ただし毎日たくさんの訪問件数をこなす必要があり、5年、10年と同じペースで働くことは体力的にきつくなるので、そこも念頭に置いて考えてみるとよいでしょう。また、介護保険の報酬に左右されてしまうことも注意が必要です。

【インセンティブ例】

 1件のインセンティブが4,000円、80件以上からインセンティブが発生する場合。
訪問件数 月100件だとすると20件×4,000円で毎月上乗せになる金額は80,000円になります。

クリニック

 かかりつけ医として地域に根ざした包括的な医療の提供を担うクリニックにおいて「リハビリ診療」は欠かせないものとなっています。それにより、理学療法士の活躍が求められるようになり求人数も多くなりました。

 能力、経験によっては給料も高く、クリニックによっては賞与が年2回 計3~4.5ヶ月分の実績があるなど、年収500万円を目指すことができる求人も少なくはないようです。

病院

 安定した福利厚生がある病院の年収ベースは300~400万円前後になります。また、一般病院などにも基本給に賞与2回分と職務手当を含めた年収500万円の理学療法士求人があるようです。託児所なども完備している病院もあり、小さなお子さんがいても安心して就業できそうです。自身の通勤可能エリアを今一度整理し、よく調べてみることをおすすめします。

 ベテラン理学療法士におすすめなのが管理職求人です。多くはありませんが、大規模病院にも500万円から600万円の管理職求人がでることもあるので頻繁にチェックすると良いでしょう。ただし、管理職ですから、実務経験年数や役職経験などの条件が伴います。

 将来を見据え、新人~中堅理学療法士の間にたくさん学び、経験を積んでおくことが大切です。

 探してみると病院にも年収500万円以上を目指せる求人が少なくはないようです。

介護施設(介護老人保健施設)

 介護老人保健施設(以下老健)の給料は病院より高いと言われています。地域によって上下しますが相場として年収420万円程度、月収25万円~35万円といったところでしょうか。また、病院と違い残業がなく定時に帰れることや土日休みなど休日の多さを加味すると決して悪くない金額だと思います。

 年収500万円には少し届きませんが、老健は育児、子育て中の方やご家族との時間を大切にしたい方にとっては良い環境だと思います。また、空いた時間を利用し自身のスキルアップのために勉強することもでき、お金と時間、両方の良いバランスの中で働くことができる職場といえるでしょう。

管理職になるのが近道

 これまで年収500万が可能な分野について訪問リハビリ、クリニック、病院、介護施設(老健)でどのようにしたら可能なのかを調べてみましたが、それぞれやはり好条件が必須になることがわかりました。また、働き方によって、地域によって、規模によって異なり簡単なようで簡単ではないというのが率直な感想です。

もしかすると年収500万円以上は、理学療法士としての経験をしっかりと積み重ねた先に見える「管理職」になることが近道なのかもしれませんね。しかも年収600万円も目指すこともできるのですから。

転職サイトを利用して好条件の求人を探す

 理学療法士(PT)が年収500万を目指せる好条件な求人情報を掲載している転職サイトを調べてみました。

日本最大級の求人数の医療・介護職に特化した求人サイト。理学療法士などセラピスト向けの年収500万求人情報も豊富です。

ジョブメドレー(jobmedley)

日本最大級の求人数の医療・介護職に特化した求人サイト。理学療法士などセラピスト向け求人情報も豊富です。

PT・OT・ST専用の転職求人サイトのなかで特に有名なサイトのひとつ。常時20,000件以上の理学療法士、作業療法士、言語聴覚士の年収500万以上の求人を保有しています。

PT・ST・OT WORKER

PT・OT・ST専用の転職求人サイトのなかで特に有名なサイトのひとつ。常時20,000件以上の理学療法士、作業療法士、言語聴覚士の求人を保有しています。

世界 No.1 の求人検索エンジンで求人情報の中から年収500万以上も目指せる求職者にマッチしたものが一覧表示されます。

Indeed(インディード)

世界 No.1 の求人検索エンジンで求人情報の中から求職者にマッチしたものが一覧表示されます。

理学療法士などのリハビリ職、看護師、医療技術職、介護福祉職のための日本最大級の求人・転職サイト。病院をはじめクリニック等様々な施設形態の求人も揃っています。

コメディカルドットコム

理学療法士などのリハビリ職、看護師、医療技術職、介護福祉職のための日本最大級の求人・転職サイト。病院をはじめクリニック等様々な施設形態の求人も揃っています。

国産の求人検索エンジンのスタンバイ。40~60代のミドル・シニア層の情報も豊富で年収500万以上の好条件の求人も掲載

スタンバイ

国産の求人検索エンジンのスタンバイ。40~60代のミドル・シニア層の情報も豊富です。

経験豊富なコンサルタントがお仕事探しをサポート。要望に合わせて、正社員・アルバイト・派遣求人など、幅広い求人情報を案内。

ベネッセのPT・OT・STお仕事サポート

経験豊富なコンサルタントがお仕事探しをサポート。要望に合わせて、正社員・アルバイト・派遣求人など、幅広い求人情報を案内。

 地域エリアも分野もいろいろありました、訪問リハビリがやはり多い印象でした。ぜひご自身の条件にあった転職先を見つける参考にしてみてください。

年代別の平均年収

 理学療法士が普通に働いて年収500万を超えるのが50歳前後といわれています。

理学療法士の年代別の平均年収

20代 354万円
30代 418万円
40代 480万円
50代 537万円

※参考:厚生労働省「民間給与実態統計調査(e-Stat)」より

 40代で500万円に近づくもののやはり、500万円を突破するのは50代のようですね。

一般的な会社員(正社員)の年代別の平均年収

20代 348万円
30代 444万円
40代 510万円
50代 613万円

※引用)DODA 平均年収ランキングより


なるほど、これを見ると一般的な会社員(正社員)は40代で年収からの年収500万円に到達していますね。50代では約80万円ほど理学療法士が低い結果になっています。一般的な会社員の平均年収が高く見えますが、大手企業などの高給が平均値を押し上げていることもあるので、あくまでも参考程度に留めておきましょう。

なかなか昇給しないPT業界の事情

 雇用先によっても違いがありますが、民間病院における一般的な理学療法士の昇給はかなり厳しく、年に3,000~5,000円昇給すれば良いほうで全くない場合もあります。病院の場合、公立病院であれば公務員扱いとなるので、勤続年数が増すにつれて昇給額も増える傾向にあり昇給額は年に8,000円~10,000円前後となっています。また、国立病院は公務員ではないものの、半公務員のような扱いとなり昇給額は基本給の4%(※一例)で概ね年に7,000~9,000円と高めの設定になっています。

 昇給率も決まってるので、10年、20年同じ職場で働いていてもあまり給料が変わらないのです。

 そのため未来を見据え、収入を増やすため好条件の転職先を探している理学療法士が多いのです。

終わりに

 理学療法士が年収500万円稼ぐことは難しくはないけれど、やはりそれにはある程度の経験が必要となります。そして、年収アップの転職を成功させるために、できるだけ多くの情報を手に入れることです。そのための情報を入手するには転職サイトを利用することをおすすめします。