リハプライム株式会社 求人専用サイト

理学療法士として年収600万円を稼ぐ働き方

理学療法士が収入アップとして目指すひとつの目安とされているのがが「年収600万」だと思います。デイサービスであれば、本部で経営に携わるポジションであれば十分可能な数字です。また、下記に年収600万以上が可能な分野についてご紹介します。

理学療法士業界の昇給事情

一般的にPTOTSTの業界ではキャリアアップという言葉をほとんど耳にしません。大規模病院などで役職がつくとしても主任、課長等であり、それ以上の昇給やキャリアアップは現実的には少ないとされ、望めないのが現状です。

キャリアアップは現実的には少ないとされ、望めないのが現状の写真

PTでも目指せる!年収600万以上が可能な分野について

高齢者や障害のある方を支えるという仕事は、社会からも必要とされやりがいのある仕事です。しかし収入面として満足しているPTは少ないのではないでしょうか。理学療法士の仕事は、働く分野によって年収(初任給を含め)が大きく変わるため、収入面を重要視している方は、どの就職先を選ぶかが重要になってきます。理学療法士の平均年収は405万円です。収入面をアップさせようと一気に年収1000万円を目指すという方もいると思いますが、現実的に収入アップとして目指す一つの目安とされているのがが年収600万だと思います。下記にPTでも目指せる年収600万以上が可能な高額求人の分野についてご紹介します。

病院での管理職候補、スキル高めの整形外科クリニック求人

病院や整形外科クリニックでは安定した福利厚生があるものの、年収のベースはそれほど高くなく、300~400万円前後の水準です。しかし、大規模病院などの管理職候補では500~700万円ほどの求人がでることもあり、年収600万以上を目指すことが可能です。病院で年収の水準が高い求人は稀であり、珍しいケースといえます。また整形外科クリニックでも、理学療法士に高いリハビリ能力を求める求人などでは年収が600万を超えることがあります。

年収600万円以上の理学療法士求人でよく検索されている病院、クリニック求人

訪問リハビリ・訪問看護

訪問リハビリは理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、言語聴覚士(ST)がセラピストとして在宅に訪問します。給与体制の中に一定件数以上の訪問件数を超えると手当がつくインセンティブ制度というものがあります。何件以上でインセンティブ手当がつくかは職場次第ですが、ここでは当社のインセンティブ制度を例にご説明します。当社のコンパス訪問看護では1ヶ月65件(※70件、80件、85件などの会社もあります)以上訪問した場合、66件目から手当がつきます。そのため訪問を頑張れば頑張るほど、給与に反映され、件数に応じた報酬を受け取ることができます。月収が高いため賞与がないところが多いですが年収600万以上が可能です。訪問リハビリは収入が高い反面、病棟にあるような医療設備がないためリスク管理も兼任しながらのリハビリ業務とのなることも頭に入れておく必要があります。看護師の場合はオンコールがあれば夜勤がありますが、PTOTSTのセラピストは日勤にのみの勤務です。

<訪問件数を1日平均6件とした場合>

  • 基本給30万
  • 訪問件数 1日6件 1週間30件 1か月(4週120件,土日休み)
  • 65件以上でインセンティブ手当が発生
  • 120件-65件=55件のインセンティブ手当
  • 1件 4000円の手当
  • 55件×4000円=22万円
  • 基本給30万+インセンティブ手当22万=52万円

52万円が総支給額となります。月給52万円ですと年収に換算すると624万円となり、年収600万以上の高額給与となります。

年収600万円以上の理学療法士求人でよく検索されている訪問リハビリ求人

理学療法士の学校教員

専門学校の教員

理学療法士の養成校教員は、病院や施設などで働く常勤の理学療法士よりも収入が高い傾向にあります。ただ教員の給料は年俸制であるところが多く、契約更新をされない可能性がある職場も多いです。また養成校の数が増えていることや少子化が進んでいることもあり、以前と比較して年収は低下傾向にあります。授業で使う資料作りなどもあり残業することも多くあります。専門学校の教員として採用されるポイントは、非常勤講師を引き受けたり、学校主催のセミナーなどに積極的に参加し、専門学校の関係者と交流を持つことで採用につながりやすくなります。

大学の教員

大学教員の給料は、大学の種類(国公立大学、私立大学)や立場(教授、准教授、講師、助教授)などで異なります。大学の種類別では国公立より私立大学が高い傾向にありますが、大学によって違うため一概にはいえません。理学療法士で大学教員といえば、助教授として働く人が多いです。助教授の平均年収額は677万円になります。これは、病院や専門学校の教員よりも圧倒的に高いといえます。また教授になると年収が1000万円を超えることが多いです。大学教員の給料は就職する大学や立場によって異なりますが、基本的に専門学校の教員よりは条件の良い雇用形態なことが多いです。大学教員として採用されるポイントは、専門学校と異なり研究実績が重視されます。そのため交流やセミナーなどの活動ではなく、客観的に評価されるような業績を残していることが重要になります。

年収600万円以上の理学療法士求人でよく検索されている学校教員求人

医療関連企業(一般企業)

医療関連企業(一般企業)の働き方としては出版社での医療書籍の執筆や編集、医療機器メーカーで福祉関連機器の販売や製造業務、工業株式会社でヒューマン・ケア事業やロボット事業の推進、自動車メーカーで製造工場で勤務する社員への腰痛予防、医療や介護に関わる記事の執筆や取材等など、理学療法士の経験を活かし、様々な働き方をしているPTがいます。医療関連企業は、医療分野の知識だけではなく工学やIT、語学力などの別途知識が必要となるため、年収がやや高めに設定されていることが多いとされ年収800万ぐらいの求人もあります。

年収600万円以上の理学療法士求人でよく検索されている医療関連企業(一般企業)求人

副業(訪問リハビリ、整形外科クリニック、自負リハビリ、セミナー業)

PTOTの方に副業をしているかどうかの調査をした結果、約15%の方が副業をしていることがわかっています。正社員として本業をしながら副業をしている方で多いのが訪問リハビリ、整形外科クリニック、自費のリハビリ、セミナー講師活動でした。専門職として臨床の知識技術をいかし、実際に患者様に訓練、施術をして収入を得る方が多いようです。本業以外での収入が100~200万円を超えるPTもいるようで、副業を合わせて年収600万円以上を稼ぐことも可能です。

治療院・整体院の開業

理学療法士の資格は「医師の指示の下に、理学療法を行うことを業とする者 」と定義され、開業権はありません。しかし理学療法としてではなく、整体やコンディショニングとしてサービスを提供すれば開業することができます。この方法で開業している理学療法士は年々増加傾向にあります。診療報酬が今後どんどん厳しくなることがわかっているため、独立して収入を得ようと考えるPTが増えています。経営が波に乗れば年収1000万円を超えることも夢ではありません。もちろん、売り上げが上がるだけでなく、会社が倒産するリスクも視野にいれておかないといけません。治療院として開業しても2~3年ほどで潰れるケースが多いため、治療者としての知識や技術はもちろんのこと、経営や各種マネージメントスキル、社員を雇う雇用側として様々なことを学ぶ必要があります。

年収600万円以上も夢じゃない!コンパスのキャリアアップ制度

理学療法士の業界で年収600万円を目指せる分野・求人を上記で紹介しました。しかし上記の求人ではそれ以上の年収を目指すことは難しいと思われ、上限の年収と思われます。しかし当社では努力次第ではそれ以上を目指すことができ(詳細はこちら)、さらに社員のやりがいにフォーカスした熱意をもって働ける環境があります。ここでは圧倒的に充実して収入アップができるコンパスのキャリアアップ制度についてご紹介します。コンパスでは個人の能力の成長や勤務成績による会社への貢献度、理念実践の努力に応じてキャリアアップ、または昇給する仕組みがあります。病院や施設などではリハビリの能力以外は評価されづらい面も、当社では努力した分をしっかり評価し、キャリアアップしているPTも年々増えてきています。

(※下記の図をクリックすると拡大してご覧いただけます。)

キャリアアップフロー図

終わりに

もしあなたが収入アップを目的に転職を検討しているのであれば、当社でキャリアアップを目指しませんか?理学療法士をリスペクトし、応援し、努力をしっかり評価する環境があります!是非とも一緒に働きましょう!