リハプライム株式会社 求人専用サイト

国家資格だが思ったより低い?理学療法士の年収は安いのか?

理学療法士の平均年収は、日本人の平均年収を少し下回る数字になっています。 「国家資格なのに給料が低い」「他の専門職に比べて給料が少ない」という声が多いですが、実際どうなのか、他の医療職や一般サラリーマンとの比較した情報をご紹介します。

理学療法士は年収が低いのか?

理学療法士の平均年収は約405万円、日本人の平均年収の約436万という調査結果があります。日本全体の平均年収と比較すると給料は若干低めとなっています。理学療法士の平均年収が社会全体の平均年収に比べて低めなのは、理学療法士は平均年齢が若く、勤続年数が浅いことも原因のひとつでしょう。厚生労働省の賃金構造基本統計調査(e-Stat)によると、同じ国家資格を持つ専門職の平均年収は看護師 492万円、薬剤師 562万円。理学療法士が「国家資格なのに給料が低い」というのもわかる気がします。

理学療法士の年収は社会全体の平均年収に比べて低め

理学療法士の平均年収について

他の医療職種と比べてどうか?

上記で少し紹介しましたが、医療職種別の年収をここで詳しくご紹介します。理学療法士の年収と比較してみましょう。厚生労働省の2017年度「賃金構造基本統計調査」によると、医療業界における年収は以下のようになっています。

医療職種別の年収(フルタイム)

医師 1,233万円
歯科医師 757万円
薬剤師 544万円
放射線技師 503万円
看護師 478万円
臨床検査技師 468万円
歯科技工士 407万円
准看護師 406万円
作業療法士(OT) 405万円
理学療法士(PT) 405万円
栄養士 346万円
歯科衛生士 343万円

他の医療職と比較し年収は低め

同じ医療職の看護師や放射線技師、検査技師、薬剤師に比べても低い傾向にあります。

※厚生労働省の2017年度「賃金構造基本統計調査」より


また、柔道整復師やスポーツトレーナー、言語聴覚士(ST)、義肢装具士、精神保健福祉士、助産師、鍼灸師、訪問介護員(ホームヘルパー)、診療放射線技師などの給料のデータは参考程度ではありますが、以下の通りです。

柔道整復師 300〜400万円
スポーツトレーナー 500〜600万円
言語聴覚士(ST) 450万円前後
義肢装具士 300〜400万円
精神保健福祉士 300〜500万円
助産師 450〜550万円
鍼灸師 350〜450万円
訪問介護員(ホームヘルパー) 300〜400万円
診療放射線技師 約500万円

というのが一般的な平均年収のようです。経験や勤務する職場、勤続年数、地域格差、常勤や非常勤の違いなどによっても異なります。

医療業界における年収について

理学療法士は一般サラリーマンと比較するとどうか?

理学療法士は社会全体の年収よりは若干低めですが、年代別にみたらどうでしょう。下記に20代~50代の年代別の平均年収をまとめてみました。

理学療法士の年代別の平均年収

20代 354万円
30代 418万円
40代 480万円
50代 537万円

理学療法士の年齢別の年収について


※参考)厚生労働省「民間給与実態統計調査(e-Stat)

一般的な会社員(正社員)の年代別の平均年収

20代 348万円
30代 444万円
40代 510万円
50代 613万円

※引用)DODA 平均年収ランキングより


20代~30代の年収は大きくは変わらないものの、40代~50代になると差が開きはじめています。理学療法士の年収が低い要素として一般サラリーマンと比較することでみえてきます。理学療法士は一般サラリーマンに比べて昇給率が低いのです。

理学療法士は一般サラリーマンと比較すると昇給率が低め
年齢が上がった40代~50代の年収に格差がでてくる

理学療法士で年収が特に低い分野はどこか?

施設別の年収をご紹介します。勤務先によって多少幅がありますので参考値としてご覧ください。

病院 280~400万円
クリニック 300~700万円
デイサービス 300~500万円
訪問看護 360~600万円

病院は他施設に比較し年収が低めなところが多い

理学療法士の施設別年収について

理学療法士の給与があがりにくい理由

理学療法士の飽和

高齢化社会に対し、理学療法士の需要は高まっていますが、養成校が大幅に増えてため理学療法士は、現在毎年一万人以上誕生し、供給過多になっています。財源に対して理学療法士が増えすぎてしまい、昔に比較すると年収は下がっている傾向にあります。

理学療法士の供給過多

給料が法律の影響を受ける

リハビリ業界では診療報酬というリハビリを行うことで得れる報酬がありますが、国の医療費は高齢化による影響で年々増加しており国の財政を圧迫しています。そのため理学療法士の給料となる診療報酬は年々下がっている傾向にあり、給料も上がりづらい状況となっています。

診療報酬は2年に1度改定され年々下がっている

単位数という時間とリハビリ人数の縛り

リハビリ業界と他の一般企業の方と大きく違うのが、私たち理学療法士は1日に稼げるお金に上限があるということです。リハビリは基本的に1単位20分という時間が決まっています。単位数と時間の縛りがあるため、リハビリできる人数は制限されるため、稼げる上限があります。また年収アップが図りづらい点としてはリハビリをした報酬が1年目の新人でも20年目の課長や部長でも全く同じなため、給与を上げづらいという業界独自の特色があり、経験年数だけ上がっても雇用側はコスパが悪いという仕組みとなっています。

1年目の新人でも20年目でもリハビリに対する診療報酬は同じ

年収アップを目指す方法について

上記では給料が上がりにくい話をしました。では大幅な給料アップは期待できないのかといえばそうではありません。年収アップを図りたい方は下記を参考にしてください。理学療法士として給料や年収をアップさせる方法について、目指したい年収別に紹介します。

年収1000万以上を目指すには?

理学療法士の仕事だけで年収1000万円以上を得ることは現実的には難しいですが、治療院や整体院を開業をし、理学療法士のスキルを生かしつつ経営者として仕事をするのであれば、可能かもしれません。理学療法士の資格は「医師の指示の下に、理学療法を行うことを業とする者 」と定義され、開業権はありません。しかし理学療法としてではなく、整体やコンディショニングとしてサービスを提供すれば開業することができます。この方法で開業している理学療法士は年々増加傾向にあります。診療報酬が今後どんどん厳しくなることがわかっているため、独立して収入を得ようと考えるPTが増えています。経営が波に乗れば年収1000万円を超えることも夢ではありません。

年収1000万円稼ぐ方法

年収700万・800万・900万を目指すには?

医療関連企業(一般企業)の働き方としては出版社での医療書籍の執筆や編集、医療機器メーカーで福祉関連機器の販売や製造業務、工業株式会社でヒューマン・ケア事業やロボット事業の推進、自動車メーカーで製造工場で勤務する社員への腰痛予防、医療や介護に関わる記事の執筆や取材等など、理学療法士の経験を活かし、様々な働き方をしているPTがいます。医療関連企業は、医療分野の知識だけではなく工学やIT、語学力などの別途知識が必要となるため、年収がやや高めに設定されていることが多いとされ年収800万ぐらいの求人もあります。

年収700~900万を目指すには

年収600万を目指すには?

理学療法士が現実的に収入アップとして目指す一つの目安とされているのが年収600万だと思います。訪問リハビリのインセンティブ制度や教員、一般企業、デイサービスであれば、本部で経営に携わるポジションであれば十分可能な数字です。年収600万以上が可能な分野や働き方についてご紹介します。

年収600万円を目指すには?

年収500万を目指すには?

理学療法士の平均年収は405万円です。なので、年収500万円は決して難しい数字ではありません。理学療法士が年収500万円を稼ぐ方法として、病院や訪問リハビリ、クリニック、介護施設でどうしたら稼げるのかご紹介します。好条件の転職先に出会うことで500万円以上の収入は現実的になってきます。

年収500万円目指すには?

終わりに

理学療法士は社会全体と比較すると年収は低めですが、年収を上がる方法はあります。今の職場で給料が上がるのをただ待っていても低いと嘆いていても変わりません。年収を上げるために是非行動してみてください。

以下のエリアで理学療法士の求人を強化中!